住宅を選ぶときに気をつけておくべきことやメリットについて

耐久性の高い建物は評判の業者に頼める

特徴を知る

不動産売却時の媒介契約の種類と特徴

不動産物件を売却する時には、不動産会社と媒介契約を結んで取引を行う事になります。 この媒介契約には一般媒介契約、専任媒介契約、専属媒介契約の3つの種類があり、契約方法は売主が決める事が出来るのが特徴です。 一般媒介契約は、多数の会社と契約を行う事が出来る契約方法ですが、各社は販売活動の報告義務や指定流通機構のレインズと呼ばれる情報データベースへの登録義務が無いと言う特徴が有ります。 これに対して、専任媒介契約や専属媒介契約は契約を行えるのは1社のみで、他の不動産会社との契約を行う事は出来ないのです。 その反面、専任媒介契約は2週間に1回以上、専属専任媒介契約は1週間に一回以上の報告義務が在るのが特徴で、レインズの登録義務も契約締結より5日以内(専属専任媒介契約の場合)となります。

不動産の売却における査定の方法について

不動産売却における情報はインターネットから入手すると言う人が多いものですが、最近は家を売る時に行う査定を一括で行えるウェブサイトも有ります。 売却したい家の基本的な事項を入力から、希望の不動産会社を複数選ぶ事でまとめて査定の依頼をすることが出来ます。 一括査定を利用することで、不動産会社を1社ずつ回りながら査定の依頼をしなくても済みますし、家の基本的な事項についての説明を不動産会社に対して説明をするなどが不要になると言ったメリットも有ります。 また、一括査定を利用する事で高く売ることが出来る不動産会社を探し出すことが出来ると言ったメリットも有りますし、対応が良いのか否かの比較も出来るなどのメリットもあるのです。